借金問題

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

こんなお悩みありませんか?

  • 住宅ローンの他に銀行や消費者金融、信販会社から500万円の負債があり、返済が苦しくなってきました。自宅を失いたくないのですが、どうしたらいいでしょうか?
  • 消費者金融からの借入金は既に完済したのですが、過払金は戻ってこないですか?
  • ギャンブルや飲食などが原因で借入金が増えたのですが、自己破産などの債務整理はできますか?
  • 生活保護を受けるようになって借入金の返済ができなくなってきました。自己破産できるでしょうか?

「返済が苦しい・・・・」「返済してもなかなか負債が減らない・・・・」など借金に関するご相談は増えております。
当事務所ではサラ金・クレジットでお困りの方、債務整理に関する相談を初回無料で受付しております。
まずはお気軽にお電話ください。
また、債務整理については、次のような方法で手続きいたします。

債権者に弁護士から通知して一旦支払を止めます
まず、債務整理の処理方針決定後、弁護士から債権者に通知を行い、一旦支払を止めます。
通知することにより、債権者が債務者に直接連絡することが出来なくなり、債権者との対応は弁護士が対応を行うので、心配はありません。

生活の立て直しを行います
支払を止めることにより、今まで借金の返済に充てていたお金を、公共料金や国民健康保険料などの支払いに回して、生活の立て直しを行います。

安心した状態で債務整理の手続を行います
借金に悩まされていた生活から、通常の生活をおくれる状態で処理方針に基づいた、債務整理手続きを行っていきます。

処理方針の決定
処理方針のポイントとして、収入から生活費を引いた場合、どのくらい余裕が出るか否かが重要な要素となってきます。

1. 自己破産

借入の支払をストップしても、月々の収入の大半が生活費に消えてしまい、余裕がないというケースの場合は自己破産をお勧めしております。多くの場合「免責決定」を受けられ、借金に悩まされた生活から解放されます。
当事務所での自己破産の申立てはこれまで400件を超える実績がありますので、安心してご相談ください。

2. 任意整理

借入の支払をストップした場合に、生活費以外で月々一定の金額を借金の返済に充てることができるというケースの場合に任意整理をお勧めすることがあります。
弁護士が債権者と交渉を行い、毎月一定の金額を返済して、約3年~5年後くらいには完済となる方法です。
(基本的に、支払期間中の利息は発生しないように交渉を行います)
当事務所では債権者との任意整理の交渉は、多数の実績がありますので、安心してご相談ください。

3. 個人再生

自宅を手放したくない方や、自己破産での免責決定を受けられない可能性がある方などには、個人再生をお勧めすることがあります。
裁判所の判断で、住宅ローン以外の負債の一定割合(80%のケースが多いです)について免除を受けて、残りの債務を原則3年(最長5年まで)の分割払いをするという方法です。
(支払期間中の利息は発生しません)
当事務所では個人再生の申立ては、これまで100件以上の実績がありますので、安心してご相談ください。

過払金の回収
法律で定められている、金利を上回る高金利を支払っていた場合、過去の取引履歴を債権者から取寄せ、法律で定められている金利での引き直し計算を行い、借入残高が減額となったり、過払金が発生していたり、というケースもあります。その結果、借金が無くなったり、過払金を回収したり、債務整理の必要がなくなったというケースもあります。
当事務所では過払金の回収は、多数の実績があり、大半は訴訟をせず示談交渉で回収していますので、安心してご相談ください。