ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2019.06.28更新

Q:改正された相続法では、「配偶者居住権」というものが新た
   に創設されたとのことですが、これはどういう趣旨で創設され
 たのですか。

A:残された配偶者は、長年住み慣れた自宅での生活を継続する
 ために居住権を確保しつつ、その後の生活のため、預貯金等の
 財産をも一定程度確保したいと願うのが自然でしょう。
  この点、改正前の下では、遺産分割においては居住権を確保
 するために、残された配偶者は自宅の所有権を取得することに
 なります。そうすると、自宅の土地・建物の評価額が高額なと
 きは、遺産としての預貯金を取得できる金額を、十分に確保す
 ることができなくなる恐れがあります。
  そこで、改正法では、配偶者居住権の制度を創設したのです。
 この制度は、配偶者のために居住建物の「使用」「収益」権限
 のみがあり「処分」権限のない権利を創設することによって、
 遺産分割の際に、配偶者が居住建物の所有権を取得する場合よ
 りも、低い価額で居住権を確保することができるようにするこ
 とが主たる趣旨です。

  弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所