ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2019.03.11更新

Q:自筆証書の遺言書の保管に関して新たに保管制度が創設され
    たとのことですが、それはどういう制度ですか。

A⑴ これまでは自筆証書の遺言書は、これを紛失したり、不利
      な内容の相続人により廃棄されたり、隠匿・改ざんされたり
      する恐れがあり、この問題のため、相続をめぐる紛争が生じ
      ていました。
   また、自筆証書が遺言書の場合は、遺言者の死後、検認の
      手続が必要でした。
   ⑵ これを受けて、公的機関である法務局で遺言書を保管する
      制度を創設することになりました。そのメリットは、① 全国
      一律にこのサービスを提供できること、② プライバシーを確
      保できること、③ 現在問題になっている相続登記の促進につ
  なげることが可能であることにあります。
   また、法務局で遺言書が保管されると、検認手続が不要に
  なりました。
 ⑶ 自筆証書の遺言書を法務局に対し、保管の申請をすると、
  法務局で遺言書の原本を保管すると共に遺言書の画像がデー
  タ化されます。
 ⑷ 遺言者が死亡した後、相続人の一人から、遺言書の写しの
  交付・閲覧がされると、他の相続人に遺言書が保管されてい
  ることが通知されます。
 ⑸ これにより、遺言書の紛失や隠匿等を防止できますし、相
  続人が遺言書の存在を容易に把握することができるようにな
  ります。
   その結果、遺言者の遺言に託した最終意思を実現すること
  ができ、かつ、相続手続きの円滑化に資することになります。

   弁護士 田 中 宏 幸 

投稿者: 田中宏幸法律事務所