ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2018.12.18更新

Q:同居していた父が、先日亡くなりました。相続人は長男の私
 と、遠くに住む二男及び長女がいます。
  父の遺産分割で兄弟がもめることなく処理したいのですが、
 どういう点に注意したらよいでしょうか。

A:まず、亡くなられたお父さん(被相続人といいます。)の最も
 身近にいた相続人の言動がポイントになってきます。
 ① 遺産分割の話し合いをする際は、事前に被相続人の財産(不
  動産、預貯金、株、投資信託などの有価証券、生命保険等)に
  関する資料を集めて、その資料を相続人全員が同じものを持つ
  ようにすることです。
   即ち、不動産であれば登記簿謄本及び固定資産税評価額(毎
  年の納税通知書に入っています。)、預貯金であれば、通帳(
  全ての頁)のコピー、有価証券であれば、証券会社から送られ
  てきている取引報告書等のコピー、生命保険は、保険証券等の
  コピーを他の相続人に交付することです。
   そして、遺産目録を作って、遺産全体を見やすくします。金
  額もできるだけ記入するようにします。土地の場合、路線価を
  税務署で調べておくとよいです。
   このようにして、被相続人の遺産についての情報を相続人全
  員で共有することです。
 ② そして、次に大切なことは、遺産分割の話し合いは、相続人
  だけで行うことをお勧めします。相続人の配偶者が入いると、
  もめる原因になることがあります。兄弟には幼い頃からの歴史
  があって配偶者が知らないこともあります。この歴史を踏まえ
  ると、自ずと兄弟間で話しがまとまってくることがあるからで
  す。
 ③ 遺産分割の分け方は、必ずしも法定相続分に従う必要はあり
  ません。実情に合わせて遺産分割することが基本です。法定相
  続分は遺産分割の話し合いが決裂したときに、裁判所が決める
  際の基準になるものですので、話し合いの際に、この法定相続
  分に縛られる必要はありません。
   被相続人の世話や介護をしてきたこと、被相続人から受けて
  きた恩恵等を総合考慮して、落ち着き所を見つけるようにしま
  す。
 ④ 遺産分割の話し合いの際の心掛けとして、特に年長の人は弟
  や妹と上下の関係ではなく、対等の関係にあるというスタンス
  で臨むことが重要です。兄貴風、姉貴風を吹かせることは厳禁
  です。
 ⑤ 最終的には、被相続人は何を望んでいたかをそれぞれの相続
  人が思い描いて遺産分割の話し合いに臨むことです。少なくと
  も、残された相続人間で争いが起こることは望んでいなかった
  と思います。

  弁護士 田 中 宏 幸

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所