ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2018.04.23更新

Q 遺言書を作成しようと思うのですが、その際注意すべき点があり
 ましたら教えて下さい。

A 1 遺言書の内容について
 ア 遺産はできるだけ特定して、各遺産ごとに誰に帰属させる(ex.
  相続させる)かを明確にしておくことです。これが不明確ですと、
  あなたの意思が反映されず、遺言内容の解釈をめぐって争いの恐
  れが生じるからです。
 イ 遺産の一部だけの遺言はお勧めできません。遺言書の対象外の
  遺産があると、それをめぐって相続人間で争いになる恐れがある
  からです。
 ウ 遺言書で全ての遺産をカバーするためには、「その他一切の財産」
  の帰属先を決めておくことです。気付いていない預貯金などをここ
  に含めることができるからです。
 エ 相続人の間では、できるだけ法定相続分に近い内容を原則とする
  ことです。もし、相続人の間で取得財産に大差を設ける場合は、「
  附言事項」において、その理由を記載しておくことです。この場合
  でも、遺留分(法定相続分の2分の1等)を下回わることになる相
  続人が出ないように配慮することです。遺留分を下回わる財産しか
  取得できない相続人が出ると、遺留分減殺請求権の行使ということ
  で相続人間で争いになるリスクがあるからです。ただし、遺留分が
  どれくらいになるかを判断することは、少々難しい面がありますの
  ので、弁護士に相談することをお勧めします。

A 2 遺言書の内容以外の点について
   ア 例えば、同居している子供に対しては、別居していて、盆・正月
    にしか実家に来ない子供の不満を述べる一方で、別居している子供
    に対しては、盆・正月に実家に来たときに、同居している子供の不
    満を述べるということは、ときどき耳にすることですが、このよう
    なことは決して行わないようにして下さい。相続の際に子供同士の
    争いの元になる恐れがあるからです。
   イ 例えば、株や投資信託などで大きな利益を得たことだけを子供た
    ちに話をし、大きな損失を出したことは話さないなど、子供たちに
    財産が多くあるかのような話はしないことです。あなたが亡くなっ
    た後、遺産が少ないとき、あなたと同居している子供があなたの財
    産を取り込んでいるのではないかと疑われやすくなり、争いの火種
    になる恐れがあるからです。
  ウ 遺言書作成の際、子供の一人を関与させることはできるだけしな
   い方がよいです。遺言書作成に関与していない他の子供が不公平感
   を抱く原因になり得るからです。

 以上のように、遺言書作成時の注意点を述べましたが、折角遺言書を
作るのですから、子供たちが争いにならないよう配慮してあげて下さい。

 弁護士 田 中 宏 幸
  

投稿者: 田中宏幸法律事務所

2018.04.09更新

Q:農家の跡取りとして、大学卒業後、公立小学校の教員となり、給与収
 入の大半は母親に手渡してきました。26歳のときに別の農家の二男を養
 子として迎え入れ、その夫の収入で食費以外の夫婦親子5人の支出をま
 かなってきました。私の収入の大半は従前通り両親が死亡するまで母親
 に手渡してきました。
  父が亡くなり、(父の預貯金はなし)、その後、母が亡くなったので
 すが、驚いたことに亡母名義で5000万円もの預貯金が残っていました。
  父母の農業収入は基本的には赤字状態に近く、父母の年金収入も二人
 合わせて月額10数万円程度でした。
  亡母の相続人は、私たち夫婦と妹の3人で、妹は5000万円を三等分す
 ることを要求しています。
  亡母名義の預貯金5000万円は、私が長年父母に手渡ししていた給与収
 入が蓄積されたものであるのは間違いないのですが、これをどのように
 証明すればよいでしょうか。

A:長年給与収入を母に手渡ししていたことから、これを証明できるのは
 あなたの夫くらいでしょうが、夫の供述で直ちに信用してもらうことに
 は困難を伴ないます。また、毎月いくら金額を手渡ししていたかも立証
 が必要ですが、これも困難を伴ないます。
  そこで、① 母親の通帳等から母親の年金収入と支出を過去に遡って洗
 い出すこと
 ② 農業収入及び年金収入が使われているのか否かをチェックすること
 ③ 母の預金がどのように増えていっているかを各年毎にチェックすること
 ④ あなたの給与収入がどれ位あったのかを、過去に遡って給与明細ある
  いは源泉徴収票、課税証明書などで明らかにしていくこと、(また、
  毎月の給与収入から払戻しをしている金額もチェックすること)
 ⑤ これらのデータを時系列にして一覧表にしてみること
  このような地道な作業によって、亡母名義の預貯金が増えていく実態
 を明らかにしていくことになります。
  すなわち、亡母の収入では預貯金が5000万円も蓄積できないこと、亡
 母はあなたの給与収入を得ているからこそ、亡母の預貯金が増えているこ
 とをできるだけ過去に遡ってデータを積み上げていくことに尽きます。

  弁護士 田 中 宏 幸

 

 

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所