ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.12.26更新

Q:父が死亡した後、相続人3人(長男・二男・長女)で遺産を等分に
   分ける話をしていたところ、父の公正証書遺言があることが判かりま
   した。この遺言内容では、長男により多くの遺産を相続させることが
   記載されていました。兄弟3人は父の遺言と異って等分に遺産分割し
   たいのですが、可能でしょうか。

A:この問題は議論の分かれるところがあるかと思います。
  確かに、遺言内容は相続人を拘束するため、遺言内容と異なる遺産
   分割協議はできないと考えることもできるでしょう。
      しかし、遺言者の意思と相続人(受遺者を含む)全員の意思が明ら
   かに異なる場合に、遺言者の意思をそのまま認めて、残された相続人
   全員の意思とは異なった分け方をすることが相当であるのかについて
   は、疑問があります。なぜなら、結局は相続人間での贈与や交換の合
   意により、当初の相続人全員の意思に従った内容を実現することがで
   きるのですから、遺言者の意思の実現に固執する理由があるとは思え
   ないからです。
  また、「遺贈」の場合には受遺者が遺贈を放棄することができるの
   と同様、「相続させる」という遺言の場合にも、相続人が遺産を放棄
 することができると解し、改めて相続人全員で遺産分割協議をするこ
 ともできるでしょう。
  従って、相続人全員及び受遺者全員が、遺言と異なる遺産分割協議
 を成立させた場合に、これをあえて無効とする必要はないと考えます。
  なお、遺言執行者が指定されている場合は、相続人全員が遺産分割
 協議に同意しているのに、あえて遺産分割協議を否定することはでき
 ないと考えます。確かに、遺言執行者は遺言内容を執行する一切の権
 利義務がありますが、他方、相続人の代理人という立場にあるからで
 す。
  以上より、兄弟3人は、遺言内容と異なり、等分に分ける遺産分割
 協議は可能と考えます。

  弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

2017.12.11更新

Q:これから遺言書を作成しようと思うのですが、将来、相続人である
   子供たちが、相続争いしないために、どのような点に注意していけば
   よいでしょうか。

A:1 遺言書の内容について
   ア 遺産全部を特定し、各遺産ごとに処分内容を明確にしておく
           こと
   イ 相続人間では、法定相続分を原則とし、これと大差のない内
           容にすること
   ウ 寄与分あるいは特別受益のある相続人がいる場合は、「附言
           事項」において、その相続人の寄与行為あるいは特別受益の内
           容を記載した上で、当該相続人の取得額を多くしたり、少なく
           したりすること
       2 遺言書の内容以外の点について
   ア 同居している子供に対しては、別居している子供の不満を述
           べ、別居している子供に対しては、同居している子供の不満を
           述べることはしないこと(相続の際の争いの元になりますので)
        イ 例えば、株などで大きな利益を得たことだけを子供たちに告げ
           て、大きな損失を出したことを告げないなどにより、子供たちに
           財産が多くあるかのように述べることはしないこと(死亡時の財
           産が少ない時、同居している子供が財産を取り込んでいると疑わ
           れやすくなり、争いの元になりますので)
        ウ 遺言書作成の際、子供の一人を関与させることはしないこと(
     相続人間に不公平感を生む原因になりますので)

   弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所