ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.03.29更新

Q:私も年ですので遺言書を作っておこうかと思っています。
    遺言にはどういう種類があるのですか。

A:遺言には、大きく分類して、普通方式の遺言と、特別方式の
   遺言があります。
      普通方式の遺言には、①自筆証書遺言、②公正証書遺言及び
   ③秘密証書遺言があります。
      特別方式の遺言には、①危急時遺言(死亡の危急に迫った者の
   遺言)、②伝染病隔離者の遺言、③在船者の遺言、④船舶遭難者
   の遺言があります。この特別方式の遺言は例外的なものですの
   で、普通方式の遺言について説明します。
 ⑴ 自筆証書遺言は、遺言者が遺言内容の全ての文と年月日と
      氏名を自分で書いて、捺印することによって作成する遺言書
      です。
      この遺言は、証人が不要なので自分一人で作成できます。
       ただ、パソコン等で印字して作成することはできませんし、
      訂正・削除・変更するときはかなり不便な方法が必要とされて
      います。ですから、訂正・削除・変更するときは、初めから改
      めて書いた方が間違いありません。
   自筆証書遺言の場合は、公正証書遺言と異なり、遺言者が死
      亡した後に、家庭裁判所に申立てをして遺言書の検認手続をと
      る必要がありますので、この点、面倒なものと言えましょう。
        また、法律の要件を欠いたときは、遺言が無効となったり、
      遺言内容が曖昧なために紛争を招くこともあります。
   自筆証書遺言の原本は1通しかないため、その保管方法によ
      っては、見つからなくなってしまうこともあり保管方法に気を
  つかうことになります。
                        (次回に続く)
  弁護士 田中宏幸

 

 

 

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所

2017.03.17更新

Q:私はずっと独身で借家で一人暮らしをしています。
  私には身寄りがなく、近所に住むいとこの世話になって面倒を
 みてもらっています。
  私が死亡したときに、そのいとこに私の財産を受け取ってもら
 っていろいろな後始末などしてもらいたいのですが、今のうちに
 準備しておくことがあれば教えて下さい。

A:そのいとこを包括受贈者とする遺言を作成することをお勧めし
 ます。
  もし、このような遺言がないと、あなたの相続人が不存在とい
 うことで、相続財産管理人を選任してもらうための手続及び費用
 (予納金数十万円~100万円)がかかりますし、特別縁故者とし
 てそのいとこにあなたの財産の全部又は一部を分与する手続にも
 一年位の日時を要します。
  そこで、より簡便な手続として、上記のように、いとこを包括
 受贈者とする遺言を作っておくと、いとこは相続人と同一の権利
 義務を有することになりますので、相続人不存在の場合のような
 面倒な手続を避けることができます。
  包括遺贈の場合でも、あなたの財産の名義変更のために遺言執
 行者が必要になりますので、遺言で遺言執行者を指定しておくべ
 きです。
  遺言執行者の指定も含めて、いとこと一緒に、弁護士に相談さ
 れることをお勧めします。

 弁護士 田中宏幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

2017.03.07更新

Q:一人身の高齢者の財産管理方法として、財産管
   理契約と任意後見契約を聞きましたが、私が死亡
   した後に残った財産について回わりの人に迷惑を
   かけたくないのですが、どうしたらよいですか。
    私には両親、兄弟、子供などの法定相続人が
   おりません。

A:法定相続人がいない状態で死亡されると、残さ
   れた財産は誰も処分することができません。
     この場合はあなたの財産について何らかの利害
   関係を有する人(例えば、賃借家屋の家主など)が、
   家庭裁判所に相続財産管理人の選任の申立てをし
   なければならなくなります。これでは家主さんな
   どに迷惑がかかってしまいます。
     そこで、こういう場合に備えて、元気なうちに
   遺言執行者を指定した遺言書を作っておかれるこ
   とをお勧めします。
      死亡時に残っている財産をお世話になった人に
   あげたり、大学や病院などに寄付することもでき
   ます。
      また、葬儀の方法やお墓のことも遺言書に書い
   ておくことができます。
      遺言執行者を誰にするかも含めて、弁護士にご
   相談下さい。

   弁護士 田中宏幸

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所