ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2019.07.16更新

Q:居住建物の一部を第三者に賃貸していた場合(例えば、2階
   部分を賃貸していた場合)でも、配偶者は配偶者居住権を取得
  することができるのでしょうか。
  配偶者居住権を取得できる場合、賃料を取得できるのは、配
   偶者でしょうか。それとも建物を相続した所有者でしょうか。

A:被相続人が居住建物の一部を第三者に賃貸していた場合でも、
   配偶者居住権は認められます。
  配偶者居住権を取得した配偶者は、居住建物を相続した所有
   者との関係では、第三者に賃貸している部分も含めた居住建物
   全部について使用・収益をすることができる権利を取得するこ
   とになります。
  但し、既に賃借している第三者の建物賃借権に対しては、配
   偶者は配偶者居住権を主張(対抗)することはできないことに
   なると思われますので、賃料を取得することができるのは、賃
   貸人の地位を承継した居住建物の所有者になります。

  弁護士 田 中 宏 幸

  

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY