ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2019.02.25更新

Q:自筆証書遺言の作成方法に関して、民法が改正されて、既に
    平成31年1月13日から施行されていると聞きましたが、ど
    のように改正されたのですか。

A:これまでは自筆証書遺言を作成する場合は、全文を自書する
    必要がありました。このため、不動産や預貯金が多くあると、
    それを全て手書きしなければならず、相当な負担になっていま
    した。
  民法改正後は、遺言者の財産は財産目録にすれば、自書しな
    くてもよくなりました。
      すなわち、財産目録は、パソコンで作成してもよいですし、
    銀行通帳のコピーや不動産の登記事項証明書等を目録として
    添付したりしてもよくなりました。このため、財産を特定する
    負担が軽減されることになりました。
      但し、財産目録には、偽造を防止するため、各頁ごとに遺言
    者の署名押印をする必要がありますので、注意して下さい。
     自筆証書遺言の中で財産目録を添付したときの財産を特定す
    る方法は、「別紙目録一及び二の不動産」というように自書
 (手書き)する必要があります。

  弁護士 田 中 宏 幸

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY