ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2019.01.17更新

Q:遺言書を作成する際に、これは書いておいた方がよいという
   お勧めがあれば教えて下さい。

A:遺言書を作成する際に、財産の振り分けを記載することはも
   ちろんですが、その他に、何故、このように振り分けたのかを
  「付言事項」として、記載しておくことをお勧めします。特に、
   それぞれが受け取る財産価値に大きな差が出るようなときは、
   相続人等の不公平感を緩和するためにも、ご自身の考えを記載
   しておかれるとよいです。
    相続人の間では、それぞれが所帯を持つようになると、お互
   いが認識している情報に差があることがあります。
  そうすると、遺言者が体験していることと異なった認識を有
   する相続人が、遺言による財産の振り分けをみて不満を抱くこ
   とがあるからです。
      また、「付言事項」には、遺族へのメッセージ、遺族に期待
 することを書くとよいでしょう。遺言者が亡くなった後に遺族
 がこれをみて、遺言者の心情を察することができるからです。
 
  弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY