ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2018.10.11更新

Q:立退料が必要でない場合はどういう場合でしょうか。

A:⑴ 立退料は、借家契約の解約申入れのときの「正当事由」
        の有無を判断する際の補完要素という位置付けです。従っ
        て、「正当事由」が備わっている場合には、立退料の提供
   は不要になる場合があります。

  ⑵ 立退料の提供を考慮することなく、「正当事由」が認め
   られたケース
    都内の一等地にある老朽化した建物で映画撮影用の照
   明器具の貸付業務を経営している賃借人に対し、建物明渡
   しを求めた事案で、本件建物は既にその効用を全うしてお
   り、その命数既に尽きているとして、「正当事由」があると
   認め、立退料は不要であるとした裁判例があります。

    弁護士 田 中 宏 幸

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY