ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2018.02.20更新

Q:遺言書に遺言執行者を指定しておくと、どのような効果が
   期待できるのでしょうか。

A:遺言書に遺言執行者を指定しておくと、相続開始(死亡)
   後に就任した遺言執行者は、「相続財産の管理その他遺言の
   執行に必要な一切の権利義務」を有します。つまり、相続人
   の協力がなくても遺言内容を実現する手続をとることができ
   るのです。逆に、相続人としては、遺言執行者による遺言の
   執行を妨害することができません。このことは、遺言執行者
   が就任する前でも遺言に反する処分を相続人はできないので
   す。もし、相続人が遺言に反した処分行為をしてもそれは絶
   対的に無効となります。
      このように、遺言執行者を指定しておくと、遺言者の意思
 を確実に実現させることができますので、その効果は大きい
   といえます。

      弁護士 田 中 宏 幸

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY