ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.12.11更新

Q:これから遺言書を作成しようと思うのですが、将来、相続人である
   子供たちが、相続争いしないために、どのような点に注意していけば
   よいでしょうか。

A:1 遺言書の内容について
   ア 遺産全部を特定し、各遺産ごとに処分内容を明確にしておく
           こと
   イ 相続人間では、法定相続分を原則とし、これと大差のない内
           容にすること
   ウ 寄与分あるいは特別受益のある相続人がいる場合は、「附言
           事項」において、その相続人の寄与行為あるいは特別受益の内
           容を記載した上で、当該相続人の取得額を多くしたり、少なく
           したりすること
       2 遺言書の内容以外の点について
   ア 同居している子供に対しては、別居している子供の不満を述
           べ、別居している子供に対しては、同居している子供の不満を
           述べることはしないこと(相続の際の争いの元になりますので)
        イ 例えば、株などで大きな利益を得たことだけを子供たちに告げ
           て、大きな損失を出したことを告げないなどにより、子供たちに
           財産が多くあるかのように述べることはしないこと(死亡時の財
           産が少ない時、同居している子供が財産を取り込んでいると疑わ
           れやすくなり、争いの元になりますので)
        ウ 遺言書作成の際、子供の一人を関与させることはしないこと(
     相続人間に不公平感を生む原因になりますので)

   弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY