ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.11.20更新

Q:遺留分を意識して妻に3分の1、長男に3分の1、長女と二男
   に6分の1ずつ相続させるという遺言を作成しようと思うのです
   が、何か問題はあるでしょうか。

A:このような遺言は、「相続分の指定」をしたものになります。
   相続分の指定ですと、特定の財産を誰が引き継ぐかという点につ
   いては定まっていませんので、相続財産は共有状態になります。
   このため、個々の財産を誰が相続するかについては、遺産分割の
   手続が必要になります。
     そうすると、相続分の少ない長女と二男は、不愉快ということ
   で遺産分割手続は紛糾する恐れがあります。
     このように、「何分の何」を誰々に相続させるという「相続分
   の指定」は、却って残された相続人たちに面倒をかけてしまう結
   果になりかねません。
     やはり遺言を作成するのでしたら、特定の財産を誰に引き継い
   でもらいたいかを具体的に記載しておくことをお勧めします。
   
  弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY