ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.10.31更新

Q:認知症と診断されているのですが、私としては私なりの
   考えで遺言を残しておきたいのです。認知症の人が遺言を
   作成する場合、将来のことを考えてやっておくことがあれ
   ば教えて下さい。

A:認知症の診断を受けている場合、遺言書を作成するとき
   は、次のことを行っておくことをお勧めします。
   ① 遺言者の普段の生活状態や会話の内容を記録すること。
        例えば、ビデオを撮ったり、日記を書き残しておく等
      です。
   ② 第三者的立場にある主治医の先生に、遺言者の状態や
      発言内容をカルテに詳しく記載してもらうこと。
   ③ 複数の専門医に「長谷川式知能評価スケール」でテス
      トしてもらい、単なる合計点のみでなく、内訳も分析し
      て、認知能力・判断能力があることを確認してもらうこ
      と。
   ④ 遺言書を作成する際には、その場に相続人や受遺者の
      影響を排除するため、これらの人を同席させないこと。
      そして、遺言書作成時の様子をビデオに撮っておくこと。
   ⑤ 遺言内容は複雑なものにせず、簡単な内容にとどめて
    おくことです。

     認知症の遺言者が遺言する場合は、複数の専門医に相談し
  て遺言能力の有無を確認しておくことです。もし、遺言者と
  の会話がほとんど成り立たない場合は、遺言書作成を断念す
  ることも、後日の紛争を避けるため必要なことです。

    弁護士  田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY