ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.08.10更新

Q:父は全ての財産を長男に相続させるという遺言を残して亡
 くなりました。母は3年前に死亡しており、父の子は長男と
 私(長女)のみです。父の遺言があると私は父の遺産を一切
 もらえないのでしょうか。

A:あなたは、被相続人の子ですから遺留分権利者になります。
 遺留分減殺請求を行うことによって、遺留分の限度で相続財
 産を取り戻すことができます。
  ここで「遺留分」とは、被相続人の意思によっても奪うこ
 とができない相続分のことをいいます。この遺留分が認めら
 れるのは、被相続人の「兄弟姉妹及びその子」以外の法定相
 続人です。
  遺留分の割合は、被相続人の父母等の直系尊属のみが相続
 人の場合は、相続財産の3分の1、それ以外の相続人の場合は、
 2分の1とされています。
  従って、あなたの場合は、法定相続分が相続財産の2分の1
 ですから、これに2分の1を乗じた4分の1になります。

  弁護士 田 中 宏 幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所