ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2017.07.24更新

Q:長兄は、「父親から事業資金を十分出してもらったので、父
  親が死んでも遺産はいらない。」と言っています。私としては、
  その長兄の言った通りに今のうちに確実なものにしたいのです
  が、できるでしょうか。

A:お父さんが死亡する前(相続開始前)に、特定の推定相続人
  の相続分を確定的に失わせることはできません。
     ただ、お父さんに遺言を作成してもらい、かつ、長兄に遺留
  分放棄の手続をとってもらうことができれば、あなたの目的が
  達せられることはあるでしょう。
  結論だけ述べますと、
  ① お父さんの遺言で、全財産について、長兄に一切財産を相続
    させないとか、遺贈しない内容の遺言を記載してもらうこと、
    かつ、
  ② 長兄に遺留分放棄の許可申立の手続を家庭裁判所に行っても
   らい、遺留分放棄許可の審判を得てもらうことです。
     上記①②があれば、長兄は、お父さんが死亡した後、遺言に
   不満でも、遺留分減殺請求もできなくなり、遺言に従うしかあ
   りません。
     上記①の遺言を作成する際は、慎重を期すため、弁護士に相
   談されることをお勧めします。

   弁護士 田 中 宏 幸

 

投稿者: 田中宏幸法律事務所