ブログ

  • sp_tel.png

当事務所では、弁護士 田中宏幸が
直接、法律相談・事件処理の対応を行います

大阪府大阪市浪速区難波中3-5-4 難波末沢ビル3階
お問い合わせ 06-6630-3005

2014.08.04更新

Q:遺言の内容があいまいなため、相続人間で話がまとまりません。このような場合、どうすれば良いのですか。

A:遺言があるときには、その遺言に従って遺産を分割することになりますが、遺言の内容があいまいなため遺産分割の話がまとまらないときは、家庭裁判所に遺産分割の調停の申し立てを行います。
家庭裁判所では、相続人間で合意が得られるように調停を行ってくれます。この調停でもなお相続人間で合意に達しなかったときは、その調停は不成立となり、そのまま調停手続が審判手続に移行します。そして、審判手続を経て家庭裁判所が審判を下し、具体的な遺産分割を定めてくれます。

弁護士 田中宏幸

投稿者: 田中宏幸法律事務所

SEARCH

CATEGORY